女性の仕事の悩みを解消!通勤しない働き方を選ぶという事

street-238458_1280-min-min

 

 

結婚や妊娠、出産、育児など、で働き方の悩みが尽きない女性たちにこそ知って欲しい、【通勤しない】という働き方。

 

 

通勤がなくなり、自分の力でお金を稼ぐスキルがあれば、女の悩みはほぼなくなります。いつまでも会社の通勤や人間関係などに振り回される必要はありません。

 

 

私が勤めていた会社は2割以上が女性が働く会社でした。

 

 

それゆえに、働く側も、そして会社側もある大きな悩みを抱えていました。

 

 

それは、女性には結婚や妊娠、出産というの人生を大きく左右する一大イベントが盛沢山という事。

 

 

いやいや、男にとっても一大イベントだよ!

 

 

という声が聞こえてきましたが、これらの影響を受けるのは男性よりも女性の方が遥かに大きいですよね。

 

 

私は独身ですがそれなりに責任のある立場にいたこともあり、以下のような相談を受けることがとても多かったです。

 

 

「彼氏が転勤することになったのでついていくことにしたので会社辞めます。」

 

「結婚が決まって、旦那さんが土日祝が休みの人なので会社辞めます。」

 

「妊娠したので産休、育休の手続きがしたいです。」

 

「産休開けたけど保育園が見つからないので働けません、もしくはやっぱり辞めます。」  

 

 etc.etc・・・

 

 

これらの申し出がある背景には、女性にとってはおめでたいイベントがあっての事なのです。

 

 

ですが業種柄、商業施設の中にあり最小限の人数で運営する店での仕事でしたから、休日や勤務時間が不規則なのはもちろん、毎週土日の祝休み希望なんてありえない状況なのです。

 

 

ですから、それができない人は働くこと事態が困難になり退職せざるをえなかったり、運よく時短で働けても周りに気を使うことになる。

 

 

そして一緒に働く側も、空いた穴を埋めるために長時間労働になったり、休みを削らなくてはいけなくなったりと負担が大きくなるのです。

 

 

私は長い会社員生活の中で、そういったおめでたい事による起こるその後の女性の働き方や、働くこと事態に影響が及んでしまう現実に悩まされている人達をどれだけ見てきたことか。

 

 

それに付け加えて、一緒に働く者としてどれだけ負担を強いられてきたことか・・・

 

 

ですから、そのような申し出があった時には素直に心から喜んであげられない・・・という心境だったのが正直なところです。

 

 

それよりも、今後どうやってお店を回していこうか・・・という考えの方が大きかったのです。

 

 

しかし誤解のないように言っておきますが、そういったイベントは本当におめでたい事ですし、できれば私もそれを言える立場になりたかったんですよ。

 

 

ただ、女性がメインの職場は一定のペースでそういったことが起こりますし立て続けに起こることだっもあります。

 

 

新しい人を雇えばいいのでは?と思われるかもしれませんが、新人さんを一から育てるのはとても骨が折れることで、育った頃にこうして辞められることも少なくないのです。

 

 

そのような事が続けば、残されたスタッフは心身共に負担が大きくなり、当事者も周りに気を使いながら働かなくてはなりません。

 

 

しかし会社は、新しい人がみつかるまで人件費が減って、売上もキープしてくれればラッキー!

 

 

それくらいにしか思っていないのです。

 

 

そういったことが立て続けに起これば、お店を運営できなくなり閉店・・・といったリスクを会社は背負っていますが、あらかじめスタッフを多めに雇っておくということはしません。

 

 

ほとんどの会社は、出来るだけ安い賃金で沢山働いてくれて、尚且つ利益も上げてくれることを社員に求めています。

 

 

小売業にはよくあることですが、わたしは16年働いたうちの半分以上は人員不足に悩まされてきました。

 

 

でも考えてみてください。

 

 

女性の人生に関わるおめでたいことに対して、素直におめでとうって言えない状況って、精神的にやばいですよね?

 

 

素直に言えない自分が人間的に未熟なんだ・・・なんて落ち込んだりしたこともあります。

 

 

だけど本当はもっと素直に喜んで心からお祝いしてあげたいし、心から喜んで自分自身もハッピーな気分になりたいですよね?

 

 

少なくとも私はそんな風になりたいとずっと思ってきましたが、私の働く環境では難しかったです。

 

 

ではどうして私達はこんな思いをしなければならなかったのでしょうか・・・?

 

 

会社が社員を多めに雇ってくれないから?

 

国の保育や育児に対する制度が整ってないから?

 

彼氏や旦那さんが融通聞かないから?

 

そもそも当人も他の社員もみんなが満足できる環境を作る事は現実的ではないから?

 

 

確かに解決するべき事は沢山思いつきますよね。

 

 

でもこれらの解決すべきと思っている要因は全てあなたの外側にあるものなのです。

 

 

いくら正しい改善策を打ち出したとしても一個人の主張に対してすぐに改善の方向に進んでくれる国や社会、会社なんてありません。

 

 

彼氏や旦那さんとの都合も同じで、例えば女性の方が旦那や彼より何倍も稼いでいたりしない限りは、そういったときには女性がどうにかするしかないのが日本社会です。

 

 

そもそも旦那さんを差し置いて、一家の大黒柱となり家族に人生をひとりで背負えるほどの強靭なメンタルや体力は、女性は持ち合わせていないのです。

 

 

しかし、一つだけこれらの悩みを解消する方法があります。

 

 

それは、『通勤しない働き方を選ぶ』ということです。

 

 

そもそも通勤しなければ仕事が出来ない仕事を選んでいるから、結婚や出産のときに仕事の悩みが勃発するのです。

 

 

昨今、通勤しない働き方を推奨する企業が増えていますね。

 

 

その背景には育児や介護問題、仕事の効率化があげられますが、まさに小さなお子さんや介護が必要なお年寄りを抱えるご家庭には、通勤しない働き方で『場所の自由を』手にすることが出来れば、今抱えている問題の半分以上は考えなくてよくなりませんか?

 

 

それに通勤しなくてよい仕事を選べば、精神的や体力的負担は激減しますから、そういった意味では将来的な不安はなくなりますよね。

 

 

ネットが発達した今、それが可能な時代の真っただ中に私たちはいるのにもかかわらず、その事に気づかされることなく『通勤』というリスクに悩まされているんです。

 

 

例えば、「良い会社に入って一生懸命働けば、安定して定年まで働けると」言い続ける親からは、いくら逆立ちしても出てこない考えなのです。

 

 

そもそも、一生懸命働いていても、結婚や出産で定年どころかまともに働く機会さえ与えられなくなる日本社会です。

 

 

親はそれがベストな選択だと考え、私たちを思ってアドバイスをしているつもりでしょうが、その言葉を鵜呑みにし続けている人たちは、気付いた時には何の準備もしてこなかったことに後悔するはずです。

 

 

私はそのことに気づいたから、通勤しなくても良い、『場所の自由』を手にする働き方を実現するためにネットビジネスを始めました。

 

 

場所、時間、経済の自由があれば大抵のことは解決できてしまいます。

 

 

パソコンスキルもない、知識もない超初心者でも場所の自由を手に入れるチャンスがあるのが、ネットビジネスなのです。

 

 

将来を考えた時に少しでも通勤する働き方が不便と感じるのであれば、あなたもなにかしらの準備をはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

その方法の詳細は、メルマガで紹介しています。

 

 

今なら期間限定で電子書籍をプレゼントしています。

 

 

気になる方は、お早めにどうぞ。

 

 

 

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

merumagagazou.png

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。