サラリーマン(会社員)では絶対に自由になれない?

freedom-1125539_1920-min

 

日本の総人口の約8割の人は、どこかの会社に雇われながら働くサラリーマンです。

 

 

私も少し前までは20年くらいその人たちの仲間でした。

 

 

でも、仕事をする中で私自身が心から『幸せ』と感じた事はほとんどなかったように思います。

 

 

もちろん、20年近くも働いていれば、仕事がうまくいってノリに乗っている時期はありますし、そんな時には仕事は「楽しい」と感じたり、周りに感謝したりすることはありました。

 

 

ただ、そんなのはほんの一瞬でそれ以外はほとんど、人間関係や拘束時間、責任の重圧、お金などの悩みなどを抱えて、毎日「大変で辛い」といった感覚でいました。

 

 

当然、朝起きる時は、「仕事に行くのが辛い、行きたくない」というのが本音です。

 

 

わたしだけでなく、ほとんどのサラリーマンの人々が抱えている感覚なのではないかと思います。

 

 

「そんなにつらいのであれば辞めればいいのに」

 

 

客観的にはそう感じていても、【安定した収入現】には代えられませんし、長くいればいるほど、負わされる【責任】というものにも縛られて、身動きが取れなくなってしまいます。

 

 

そうやって、だんだんその会社という檻の中に閉じ込められて、そうこうしているともう、そこからで出たいと思ってもなかなか出ることが出来なくなってしまいます。

 

それは単なる、サラリーマンの宿命ともいえるのですが、

 

これからもずっと「大変で辛い」と分かっていながら、自分で自分がそうなるように義務付けて残りの人生を送るなんてことは、今考えたら自分をいじめながら生きているようなものだと思います。

 

 

サラリーマンは楽?

 

私がアフィリエイトを始める前は、まさか自分が会社を辞めて自宅で仕事ができるようになるとは、夢にも思っていませんでした。

 

 

というか、今さら夢でしかないと思っていた、といった方が正しいかもしれません。

 

 

会社員をしていれば、【独立】という言葉に少なからず憧れる時期がありませんか?

 

 

私は植物や雑貨などを扱う仕事をしていたので、独立ときくと『自分の店を持つ』というイメージがあり、長く働いていると私にもできるかな?と一時は憧れる気持ちがなかったわけではありません。

 

 

実際に「自分の店出さないの?」なんて聞かれることはありましたし。

 

 

でも、正直言ってもともと独立目指して仕事をしていませんでしたし、特別なスキルを学んでいるわけでもないので自信はない。

 

 

そもそも日々の忙しさに追われてそんなこと考える余裕はなく、ただの憧れで終わっていました。

 

 

私は3回ほど転職し、トータル20年以上も会社員をしていましたが、少しでも待遇の良い会社に入って好きな仕事をすることが、結局は楽だし、正しい生き方なんじゃないかと思っていました。

 

 

確かに楽なんですよね、雇われるというのは。

 

 

働く場所も時間も、仕事内容も、一緒に働く仲間も、休憩時間も、休みの日も、月に稼げる金額も、全て会社が決めてくれるので、ある意味なにも考えなくていいのですから。

 

 

でも、雇われているときはそれが楽だという認識は全くありませんでした。

 

 

先ほども書きましたが、むしろ会社員は色々な人に気を使って、拘束時間も長いし融通も利かないし、いくら頑張っても給料は上がらないし大変だ!!
って、不満ばかりです。

 

 

それが雇われるということなので、今思えば当然のことなのですが当時は分かっていませんでした。

 

 

分かっていても動けないサラリーマンの宿命

 

それで、10年くらいが経った頃、ようやく考え始めました。

 

 

いくら仕事にやりがいを持って身を粉にしながら頑張ったとしても、会社はなんとも思っていないという現実。

 

 

たとえ会社の求める結果をだしたとしても、待遇はなにも変わらないどころか、もっと面倒な仕事を任される現実。

 

 

会社に長くいればいるほど責任と拘束時間ばかりが増えてお給料は上がらない現実。

 

 

病気でもしない限り、4日以上も休めない現実。

 

昔のように前のめりになれない、年齢による体力と気力の限界を感じてきている自分。

 

仕事をいい訳にして家族とのかかわりを疎かにしてきた自分。

 

結婚は後回し、今でも独身でいることに不安を感じている上に、親の容赦ないプレッシャー。

 

などなど・・・

 

 

はたからみれば、バリバリ仕事頑張って充実しているように見えていたようですが、
蓋を開ければこんな状況を抱えて、私の内心は全然わらえない感じでした。

 

 

そんな現実をまのあたりにしていると、だんだん将来への漠然とした不安が私の心の中を常に牛耳るようになりました。

 

 

そのころから、『こんなに不自由でわりに合わない状況から抜け出す方法はないものか?』
と本気で考えるようになりました。

 

 

ただ、既に10年以上もあたりまえのように雇われ生活をしていると怖いですよ。

 

 

人生を変えるためには、『もっと待遇の良い会社に転職する』か、
『おばあちゃんになっても需要がある資格を取得して今からでも勉強しなおす』
というような、労働ベースのつまらない発想しか浮かんでこないのですからね。

 

 

それに、私は両親から耳にタコができるくらいそのように言われ続けていたので、
それが正しいとは感じていなくても、それ以外の発想が生まれてこなかったです。

 

 

単なる転職では労働から抜け出せない事にも気付いていたのですが、それ以外の手段がみつからず、
うじうじと何年も悩みながら同じ会社にいつづけてしまいました。

 

 

今思えば、なんであの時に『ネットビジネス』が頭に出てこなかったんだろう!
と、悔しい気落ちはありますが、人にはそれぞれタイミングというのが
あるのかもしれませんね。(早ければ早いに越したことはありませんが・・・)

 

 

限界がきてようやくきづけたことでサラリーマン卒業

 

とうとう、私自身が体調を悪くすることが多くなってしまいました。。

 

 

精神的にもかなり限界がきていました。

 

 

ただ、そのおかげで私の中に強く、こんな願望が芽生えはじめました。

 

「誰からも干渉されたくない(人と会いたくない)」
「通勤したくない。」
「時間に追われてせかせかしたくない」
「一つの場所に縛られたくない」
「お金の心配をしたくない」
「好きな人と穏やかに暮らしたい」

 

その願望を叶えることが出来る仕事にようやく出会えたというわけです。

 

 

誰にでも自由になる権利はある

この仕事に気付くのに、本当に長いことかかりましたが、いまは出会えてよかったと、心から思っています。

 

 

なぜなら、さっき言ったような願望がかなうということは、

 

時間も
場所も
人間関係も
お金も

 

全てにおいて自由に暮らせるということです。

 

サラリーマンでは一生手にすることはできない自由です。

 

そう気づいたとき、なんだかわからないけど、これだ!と思いました。

 

 

40代独身。何のスキルもないビジネス初心者の私がいまから本気で取り組んで、
このような自由を手に入れられる仕事はどこを探しても他にはないと思えました。

 

 

アフリエイトビジネスとの出会いは、
私自身が自由な生き方をしたい、誰にでもそれを選ぶ権利はあるんだ!
という、内なるつよい思いを引き出してくれるきっかけになったのですね。

 

自分をいじめる仕事ではなく、心から自由で幸せになれる仕事。

 

これからの時代はそんな仕事選びが当たり前になると思います。

 

今からでも遅くないですよ。

 

 

 

自分の力で稼ぐスキルが10日で身に付く無料メール講座

 

 

 

 

 

 

メルマガ

自分の力で稼ぐスキルが10日で身に付く無料メール講座

 

苗字

メールアドレス

 

 

 

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。