このエントリーをはてなブックマークに追加 

自分を信じる方法

anemone-1533515_1280-min

 

私はこれまで自己啓発や引き寄せの法則などの多くの本を読んできましたが、その中のには、「人は思った通りに生きられる」と書かれている事が多々あります。

 

 

でも、自分の人生について満足していない人や、このままでいいのか?など不安を抱いている人には、簡単に信じることが出来ないかもしれませんね。

 

 

なぜなら多くの人はお金落ちになりたいし、毎日あくせく仕事なんかせず好きな事をしながら優雅に暮らしたいと思っているはずなのに、そうなっていない人の方が多いからです。

 

 

「なぜ私は幸せになれないのだろう・・・?」とこのように思われる人もいるかもしれません。

 

 

それに、飲みの席では「人生を好転させたい」と言いながらも、実際に大逆転させてしまう人があなたの身近な人にはいないかもしれません。

 

 

好きな事をしながら優雅に暮らすためには、まず会社は辞めなければいけませんし、好きな事で収入を得られる何かを始めなければいけない。

 

または、相当なお金持ちで自由にさせてくれる人と結婚するか?

 

 

いずれにしても人生を劇的に変えたいなら、かなり大胆に「行動を」変えなければ何も始まりまらないのですが、そもそもその行動に踏み切れず、不自由に対して不満を言っている人は多いのです。

 

 

 

何かの本やセミナーに触発されてやる気になり、、今度こそ人生変えるぞ!と思っていても、いざ現実に行動に移すとなるとしり込みしてしまったり、行動に移せたとしてもうまく波に乗れずに途中で行動を辞めてしまい、また元の不自由な人生に逆戻りしてしまう人もいます。

 

 

「変わりたいのに変われない」

 

 

そんな事を長年思い続けている人は実はとても多いのです。

 

 

しかし、人がなかなか行動に移せなかったり、行動に移しても続かなかったりするのには、そもそも「自分を信じる力」が備わっていないからなのです。

 

 

つまりは「自分が成功する事に自信がない、信じられないし自信が持てない」と思い込んでいるからなのですね。

 

 

人が思った通りに生きられることをそもそも疑っている人や、変わりたいのに変われないと心の中で思いながら生きている人は、まずはそのことを自覚する必要があります。

 

 

自分に自信がないのは自分を信じていないから

自分に自信がないまま人生を好転させようと思っても、そもそも「自分を信じる力」が無ければ叶うものも叶いません。

 

 

むかし観たテレビで、とても印象的な場面があったのを思い出しました。

 

 

生まれた時から両足がなく、車いす生活だった男性が大人になり、義足で歩きたいという思いから、両足の義足歩行にチャレンジしていました。

 

しかし、どうしてもまっすぐ歩くことができずに、歩いていると右に寄ってしまうのです。

 

 

左足に痛みがあるわけではないのに、何度試みても真っすぐ歩くことが出来ません。

 

 

でも、その人の歩きを見たオリンピック出場経験のあるトップアスリートが、彼にこのように助言しました。

 

 

「左足の付け根をかばっているね。歩く力が均等じゃないから真っすぐ歩けないんだ。」

 

 

義足の彼は、左足の付け根には痛みはないものの違和感を感じていることを思い出し、自覚しました。

 

 

それで次は、左足にも右足と同じように力を入れるとを意識して歩いてみましたが、なかなかうまく行きません。

 

 

そこで、そのトップアスリートは彼に、このように声をかけました。

 

 

「自分の左足を信じるんだ。大丈夫。自分の左足の本来持っている力を信じて、怖がらずに力を入れてみろ。」

 

 

それを素直に受け入れ彼は、思い切って左足に力を入れて歩いてみました。

 

 

そうすると、両足にバランスよく力が入るようになり、ぎこちないながらも真っすぐ歩けるようになりました。

 

 

これを見た私は、自分の本来の力を信じる力がいかに重要なのか、そしてほとんどの一般人は自分で自分の事をそのように意識的に信じることは出来ていないのではないかと思いました。

 

 

こんなにも変われるものなのかと、感動したのを覚えています。

 

 

自分に自信がないのは自己肯定能力が低いから

前項は、自分に自信がないのは「自分を信じる力」が備わっていないからという内容でした。

 

 

ここではもう一つ、自分に自信が持てない要因としてよくあるのが、自己肯定能力が低いことがあります。

 

 

「自己肯定能力が低い」とは、「自己否定感が強い」という事ですね。

 

 

自己否定感が強い人は、普段の何気ない出来事や見るものに対して、知らず知らずに自分と比べてしまい、「私は大したことが無い」「私には能力がない」と感じてしまいます。

 

 

これは、やたらとなんでもポジティブに考えようと明るくふるまっている人にも、わりと多いと思います。

 

 

自分の中に湧いてくる自己否定感や不安を意識的に紛らわす行動ですね。

 

 

自分の自己否定感を自覚しているので、自覚していない人よりはマシかもしれません。

 

 

ただ、度を超すと見ていてちょっとイラっとするところがありますが。

 

 

自己否定感が強い人は、育った環境や今いる環境が大きく影響しているため、自分では気付かないうちに自然と染みついてしまっていることがほとんどです。

 

 

その場合はその場しのぎの言動では根本的になくすのはなかなか難しいですね。

 

 

私自身は、両親の影響がとても大きいですが、いつの間にか自分自身の生き方や在り方に自信が持てなくなっり、自暴自棄に陥った時期がわりと長く続いていました。

 

 

その状況が辛くて、自己啓発や引き寄せなどで思考を変える努力を続けてきたんですね。

 

 

ただ、人間の持つ癖はなかなかなくならないので難しく感じますし、今でも感情や思考のコントロールは常に意識しています。

 

 

 

「自信がない」「自己肯定能力が低い」ではやりたいことにチャレンジできない

当然ですが人生を逆転させるために新しい事を始めたいと思ってるときに、自分に自信がなく自己否定感が強い人は、なかなかチャレンジができません。

 

 

そうでなくても、未知の世界に飛び込むのにはそれ相応の勇気がいりますから、前向きなイメージが湧かなければ一歩を踏み出すのは難しいですよね。

 

 

しかし、先ほどの例に上げたように、まっすぐ歩く能力がないと思っていた左足が、自分自身がその本来の力を信じることで、しっかりとまっすぐ歩けるようになったように、自分で自分の力を信じることが出来れば、人生を好転させるためのチャレンジが出来るようになります。

 

 

自分に自信をつける簡単な方法

人生を好転させたいとずっと願っているのに変わらないのは、実は以下のように心底思い込んでいるからに過ぎません。

 

 

「私は人生を変えたいけど変えられない人だ」
「私は人生を思い通りに生きたいけど出来ていない人だ」
「私は自信を持ちたいけど持てていない人だ」

 

 

このように無意識に思い込んでしまえば、何をするにも足かせにしかなりません。

 

 

ですので、日ごろから自分自身の思い込みをこう書き換える必要があります。

 

 

「私は人生を好きなように変えられる人だ」
「私は人生を思い通りに生きている人だ」
「私には自信がある」

 

 

どうですか?

 

 

言葉の響きだけでも内側に湧いてくる感じが違うともいませんか?

 

 

また、自己否定感が強い人は育った環境が大きく影響しているため、何の根拠もなく自然と染みついてしまっているので、そんな人が意識して「自己否定をやめよう」と思っても、なかなかうまくいかないことが多いです。

 

 

そんな場合は、先ほど変換した言葉に以下を付け加えましょう。

 

 

「私には価値ある」

 

 

このように自分に言葉で投げかけることを毎朝の習慣にすることで、自然と背筋は伸び、あなたが明るい未来を描く準備が整います。

 

そうする事で、人生の好転を加速させることが出来るはずです。

 

日常で自信をつけるもっと簡単な方法

ちなみに、根拠がなければ自分に自信が持てないという人には以下の方法がおすすめです。

 

 

そもそも、自信がある人というのは「成功体験」で培われるものでもあるのですが、なにかで結果を残したり、人に褒められる経験が少ない人は「成功体験」そのものがないのでそれを意図的に作り上げるのです。

 

 

やり方は簡単で、日常的に無意識にやっている行動を、毎日欠かさず意識的に行います。

 

 

行動はなんでも良いですが、出来るだけ簡単なことが良いです。

 

 

例えば、

 

朝起きる
朝起きたら歯を磨く
朝起きたらコップ1杯の水を飲む
「おはよう・おやすみなさい」を言う
靴を履く
靴をそろえる

 

 

日ごろ無意識にしている事を毎日意識的に行う事で、「継続出来ている」という感覚になり、自分の中に成功体験として積み上がり、それが自信に繋がります。

 

 

ばかばかしく思われるかもしれませんが、これは実際に30代で実業家として成功している私の知人の男性が教えてくれた内容です。

 

 

ちなみに彼が5年間、毎朝意識し続けている事は下記だそうです。

 

 

・朝起きる
・朝日を浴びる
・深呼吸をする
・目標と目的を確認する

 

 

日常では他にもあるのでしょうが、ほとんどは私たちでも無意識にしているようなことですよね?

 

 

彼には既に習慣化されているとの事ですが、当たり前のことを意識して毎日欠かさず続けることの小さな積み重ねが、自信となって積みあがると言います。

 

 

あまり大掛かりな事は考えず、簡単なことを5個くらいが良いですね。

 

 

とにかく自信がないのを克服したいという人は、試してみてくださいね。

 

 

P.S

 

ちなみに、人生を好転させる手段はここにもあります。

 

以下を読んでみてくださいね。

 

 

自分の力で稼ぐスキルが10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

メルマガLP

自分の力で稼ぐスキルが10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。