ネガティブな思考は危険!ネガティブな人とは徹底的に距離を置こう

sky_00001-min

 

あなたはネガティブ思考?それともポジティブ思考?

 

 

人は似たような価値観や意見を持っている人同士が仲良くなりやすく、同じ時間を共有しやすい傾向はよくありますよね。

 

 

たとえば、学校生活での「女子の仲良しグループ」などは典型的な光景だと思います。

 

 

それは、もともと人間に備わる『集団帰属欲』という心理が働いていて、なにかの集団に入りたい、認められたいという欲求の表れなのです。

 

 

それは大人になっても同じで、職場やご近所付き合い、習い事などの場面ではなんとなく似たような境遇や価値観の人同士が、仲良くなりやすいのではないかと思います。

 

 

物事を明るく捉えて感謝できるような人は、明るくボジティブな人と集まりやすいですし、いつも暗い話題や文句や愚痴ばかりの人は、その話題だけで何時間も盛り上がれるようなネガティブな人たちと集まりますよね。

 

(ちなみに一般人は、人の悪口や不満を言い合うと仲良くなりやすい傾向があるそうです。)

 

 

人にはそれぞれ持つ感情や思考がありますが、実はそれによって放たれる波動のようなものがあり、その波動が似た者同士が引き合いやすく居心地が良いので、そういった現象が起こりやすいのです。

 

 

また自分がもつ思考や価値観が同じ人が周りにいると、自分が認められていると感じて承認欲求が満たされるから安心します。

 

 

集団帰属欲は『安心を求めて孤独を避ける』心理でもあるのです。

 

 

それがネガティブ思考な人を避けることと、どうつながるかについてですね。

 

 

 

ネガティブ思考の見分け方

ところであなたは、自分の事をネガティブだと思いますか?それともポジティブだと思いますか?

 

 

集団帰属欲が満たされた状態は自分自身が居心地が良いので、自分がどんな波動を出しているのかを意識している人はほとんどいないと思います。

 

 

でも、できる事なら人生ポジティブに生きたいですよね?

 

 

無意識でもネガティブな思考で生きてしまっていると、あなた自身が生きにくい人生を送ってしまう事になるので、ここは気をつけたいところです。

 

 

先ほど、自分がネガティブ思考かポジティブ思考かの認識があるかという質問をしましたが、その見分け方は簡単です。

 

 

それは、普段から自分がどんな人たちと一緒にいることが多くて、その人たちとどんな会話をしているか?居心地が良いと感じているか?を客観的に分析してみると分かります。

 

 

周りや自分が普段は無意識にしている発言や行動がどんなものなのかを意識して、冷静に分析するのです。

 

 

ポジティブ集団の場合は、物事の良い部分に目がいきやすく、環境や他人にも自然と感謝できる思考を持っているので、発する言葉や波動もオープンで前向きです。

 

 

一方ネガティブ集団の場合は、基本的に物事をゆがんだ見方をすることが多いので、一見明るく楽しそうな集団に見えたとしても、会話の内容が他人の悪口や妬み、現状への不満などで盛り上がっている場合がほとんどなので、放たれる波動はよどんでいます。

 

 

もしあなたが普段から一緒にて楽しいと思える人たちとの会話が、ネガティブな方だとしたら要注意ですよ。

 

 

今後は自分の言動に細心の注意を払いながら、思考回路を改善する必要があります。

 

 

もうお気づきかと思いますが、ここでいうネガティブ思考とは、『物事の捉え方がゆがんだ人』の事をいいます。

 

 

物事の捉え方がゆがむとどうなるか?

ネガティブ思考の人というのは、物事の悪い部分が見えやすい傾向にあるので、基本的には何事にも消極的で悲観的、否定的に捉えてしまいがちです。

 

 

場合によっては攻撃的になる人も多いです。

 

 

ネガティブ思考な人は、他人と自分を比べて落ち込む、褒められても素直に受け入れない、深読みしすぎて行動に移せないなど、自己肯定感が低い人がほとんどですが、厄介なのは攻撃的になる人です。

 

 

攻撃的というのは例えば、ひがみや妬みの感情を悟られまいと強気に出たり、周囲を巻き込んで他人の悪口や会社の愚痴で盛り上がったり、他人の幸せを喜べずにいやみになったりと、ネガティブな思考を垂れ流しにすることです。

 

 

悲しいかな、世の中にはそうやって自分の存在をアピールし、それに共感する人たちと一緒に仲間をつくろうとする人が一定数存在します。

 

 

そのような人がもし周りにいるとしたら、ちょっと油断しているとすぐに仲間に入れようと蛇にように巻き付いてきますので、徹底的に関わらないようにした方がいいです。

 

 

しかしここで注意してほしいのは、自分自身が嫌われたり仲間外れにされ孤独になることを恐れるあまり、居心地悪いと思う集団に無理に身をおく事はしないという事です。

 

 

あなたがもつ前向きな思想や価値観とは全く合わない、不満や愚痴ばかりのネガティブ思考の集団と無理に関わると、思考が乱され正しい判断が出来なくなりますし、何よりとてもストレスです。

 

 

それにもしあなたが、自分自身のネガティブ思考に気付き、それを改善したいという気持ちがあるなら、なおさら一緒にいてはいけません。

 

 

ネガティブな人や、暗い話題や情報ばかりを聞き入れてばかりいると、いつのまにか自分自身もネガティブ思考が板につき、ネガティブな現実を引き寄せてしまいます。

 

 

自分の身を守るため、ネガティブ思考の人たちとは徹底的に距離を置きましょう。

 

 

今後のあなたの人生に、そのような人たちは一切必要ありませんから。

 

 

意識的にネガティブを避けてポジティブを受け入れる

今後あなたが気分よくポジティブでいられる人や明るい話題や情報だけを見るようにしていれば、あなたは自然とポジティブ思考になり明るく素敵な現実が引きよります。

 

 

あなた自身が無意識に他人にネガティブにさせられないよう、下記のことを意識してみてください。

 

 

・愚痴や文句にむやみに反応、共感、便乗しない
・ネガティブな人や集団は極力避ける
・ネガティブな人が同調を求めてきたら、張り合わずさらりとかわす

 

 

もし誰かと関わるのであれば、物事の捉え方が明るく前向きな人や、あなたが今後なりたい未来に共感する人、既に理想の生き方人で波長の合う人とだけなるべく時間を共有するようにしましょう。

 

 

もともとネガティブな人は、始めは自分と比べて落ち込むことがあるかもしれませんが、その人のようになりたいと自然と思える自分がいれば、いつの間にかそこが居心地よくなっているはずです。

 

 

また、何気ない日常でも普段から意識した方がいことはあります。

 

 

たとえば、

 

・日ごろから自分の気分が悪くなるニュースやテレビを見ない
・悲劇のヒロイン的なストーリーのドラマも見ない
・ネットやSNSでも批判的発言や情報は見ない
・可愛いものや綺麗なものを見る
・物事の良い部分をさがす
・日ごろ感謝している事を考えてみる

 

などです。

 

 

なるべく自分自身が気分よく、明るく前向きになれる事を見て、考えるようにする癖をつけてネガティブ思考とはさよならしましょう。

 

 

 

P.S

 

実は私自身、昔は極度なネガティブ思考でした。

 

 

何かしらの外部の影響もあるかもしれませんが、高校生の時からニキビがひどくて大人になってもなかなか治らなかったので、それもあって自分をオープンにできないという事もありました。

 

 

もとの性格は明るく活発なのですが、内心は周りの目や反応を凄く気にしていましたし、本当は自分に自信がないので悲観的で否定的な性格は、今でもたまに顔を出すこともあります。

 

 

人と群れるのは好きではありませんでしたが、今思えば愚痴や文句は多かったかもしれません。

 

 

有能な人を見ると委縮したり、褒められても素直に受け取れずにいたり、物事をひねくれて捉えるので不満を抱えこんで悩んだりもしていました。

 

 

でも、そんな状態でいて一番しんどいのは自分自身でした。

 

 

そんなしんどい自分をどうにか変えたくて、コーチングや引き寄せの法則を学んで実践したり、仕事や前向きな人との関わりも積極的にやってきました。

 

 

それに前項で書いた、ネガティブを避けてポジティブを受け入れることは、私自身が意識してやってきたことでもあります。

 

 

そうする事で、ちょっとネガティブになったとしてもそれを引きずることがほとんど無くなりましたし、随分と気持ちが楽に生きられるようになりました。

 

 

もし今、自分のネガティブ思考に悩んでいるとしても、それを変えたいと思っていればあなたも必ず変われると思いますよ。

 

 

何気なく自分がいる環境や見ているものを、少しづつ意識して変えてみてくださいね。

 

 

 

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

merumagagazou.png

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。