働いても働かなくても罪悪感や劣等感を感じる女性の心理

home-1194441_1280-min

 

世の中の人の大半は、『働くのはあたりまえ』『働くことが良い事だ』という価値観を持っています。

 

あなたも働いていない人に対してどこか

 

『楽をしている』『非常識だ』などという感情を覚えていませんか?

 

例えば、健康な若者がニートのような生活をしていると聞いたあなたは、その若者をどう思うでしょうか?

 

『若いのに働いていないなんて甘えている』『社会不適合者だ』などと思いませんか?

 

また、仕事はそこそこに、家庭や趣味を優先させるのに有給ばかりを取得する人が同僚や部下、上司にいたら、あなたはどう思うでしょうか?

 

『あの人は仕事をなめている』『おさぼってばかりだ』『あの人ばかりずるい』などど、本人の前では言わずに心の中で思っていませんか?

 

別にあなたを責めている訳はありません。

 

そのような価値観を抱くのは、親や教師、友人や知人など、あなたは幼いころからあなたの周りの人たちの影響を受け、同じ価値観を持たされているからです。

 

また、あなたがまじめな会社員であれば、会社の利益ために仕事を優先するべきだという価値観を植え付けられているので、そう思う事が自然なことなのです。

 

しかし、働いていない人は、働いていないことに罪悪感や劣等感を感じています。

 

それは、先に述べたような『働くのがあたりまえ』という価値観が社会の常識であると同時に、以下のような状況があるようです。

 

 

女性が活躍する時代だからこそ罪悪感や劣等感を抱える人が増えている

出産や育児で仕事との両立が難しい育児ママ、精神障害や病気で外に出られない人、中には旦那さんの希望で専業主婦をしているにも関わらず、健康な自分が働かないことに罪悪感を感じている人が多くいます。

 

このような状況であるにもかかわらず、働かないことに罪悪感や劣等感を抱いてしまうのはなぜでしょうか?

 

その原因の一つとして、女性の社会進出が当たり前のように言われる世の中があります。

 

ここ数年メディアは、男性並みに収入を得ながらバリバリ働く女性や、起業して成功した女社長、家庭と仕事を上手に両立する女性など

 

『キラキラ輝く女性』、『芯のある女性』が多く取り上げられていますね。

 

それは、男尊女卑の思考に対する反発や、女性の社会進出を促す象徴でもあるのですが、その一方で、それを見る側の多くの人たちは自分の現状と比較してしまい劣等感を感じたり、そうなれない自分に罪悪感を感じていたりするわけです。

 

現に、働かない罪悪感を感じるのは20代後半〜40代前半の女性に多いそうですが、その年代と言えば社会に出る前の学生の頃から、既に女性の社会進出が言われる時代でもありましたし、国の経済状況が不安定なことで『共働き』が当たり前の価値観を持っています。

 

40代後半〜50代になると、罪悪感を感じる人は比較的少なくなるようです。

 

それには、結婚しても働く事より、専業主婦になることの方が違和感を感じなかった時代背景があります。

 

『輝く女性』の露出が多ければ多いほど、それだけネガティブに捉えてしまう人も増えている状況なのです。

 

それに影響を受け、『私も輝きたい!』と子育て中のママや専業主婦が何かの資格取得を目指したり、

 

『やりたいことを見つけるための自分探し』に励んだりするわけです。

 

 

働いても働かなくても罪悪感を感じる女性たち

また、働くママの場合は自分が働くことで子供を保育園に預ける行為や、時短で働くことで職場の同僚に負担をかけることが、罪悪感を感じる要素になっていると言います。

 

小さな子供がいながら働く事に罪悪感を感じる女性の心境は、私が会社員の頃にもよく聞いていました。

 

子供を保育園に預ける時は子供に申し訳ないと感じたり、専業主婦世代の親を持つ場合は、子供を保育園に預けてまで仕事をすることを理解しない場合もあります。

 

そもそも、家計を助けるために仕事をするのに、そのように思われるのには強い憤りを感じてしまうのではないでしょうか。

 

また、子供の急な熱や病気で仕事を休まざるをえない事は多々ありますし、どんなに仕事が忙しくても途中で切り上げて帰ることには引け目を感じるものです。

 

仕事も主婦も育児も、頑張ってこなそうとする女性にとって、そういった精神的ストレスは計り知れないものだと思います。

 

一方、一時的でも働かないで家にいる事にも、罪悪感や劣等感を感じるという人の話もよく聞きます。

 

特に、旦那さんの稼ぎだけでは家計が不安だという場合には、出産や育児で自分が働かない事に引け目を感じるようです。

 

働いても働かなくても罪悪感を感じるというのは、なんとも生きづらい世の中ですよね。

 

 

罪悪感や劣等感を感じる根源は働かない事ではなく収入がない事

そもそも働かずに生きることに罪悪感や劣等感を感じるのは、『労働=収入』という価値観を植え付けられているからです。

 

特に生産性を求める現代は、自分に稼ぎがないこと自体、罪悪感や劣等感を抱きやすい環境なのではないかと思います。

 

しかし、ほとんどの人は労働しなければお金は得られないと心底信じているのです。

 

だから、育児中のママや何かしらの事情で外で働けない人は、悪い事をしているわけではないのに窮屈な思いを強いられています。

 

『私は外に働きに出られない=私はお金を稼げない=私は生産性がない』

 

という感覚になり、罪悪感や劣等感を感じるようになるのです。

 

しかし、そのような感情を長期間抱き続けていると、どんどん自分に自信がなくなるのでいつの間にか卑屈になり、子供や親、パートナーなど、周囲の人との関係性がぎくしゃくし始める要因になりかねません。

 

自分に収入がないので、たまに外に出てみたら欲しいものが見つかりいざ買いたいと思っても、旦那に相談しないと自分では決められないという事になってしまいます。

 

ならば、自分に少しでも稼ぎがあれば、罪悪感や劣等感は軽減されるはずですよね?

 

 

罪悪感や劣等感を感じることなく働かずに生きる方法あります

あなたが働けないのは、あなたは何かしらの原因で身動きが取れない状況にあるからだと考えていませんか?

 

ならば、外に出ずとも収入を得る方法があれば、それをやらない手はないと私は思います。

 

その方法とは、あなたがネット上に自分のビジネスを持つことです。

 

つまりは、あなたがネット上に稼ぎを生み出す仕組みを作るということです。

 

「そんな、何の知識も経験のないのに、いきなり自分のビジネスなんて持てないよ!」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、あなたが今育児や病気があるにせよ働かずにいて、今後も環境を変えることなく罪悪感や劣等感を感じずに生きていきたいと思うのなら、ネットを使って自宅でビジネスを始めて収入を得る以外に方法はありません。

 

そして、その方法はmブログとメルマガを使ったアフィリエイトです。

 

というか、この方法が本当の意味で理想の暮らしに近づける、唯一の手段なのです。

 

パソコンひとつで仕事が出来るようになれば、あなたが妊娠中でも、育児中でも、転勤の多い旦那の妻でも、いつでもどこでも仕事が出来ます。

 

しかも、一度その仕組みを作ってしまえば、その後はほとんど働かなくても収入を得られるようになるのです。

 

働いていなくても稼ぎはありますから、自分には生産性がないという、罪悪感や劣等感などとは無縁な状態になります。

 

家にいながらできますから、子供を保育園にあずける必要もないですし、旦那と仕事ですれ違う事もありません。

 

このような働き方が可能になるのは、ネットを利用するビジネスだからです。

 

あなたがアフィリエイトでお金を稼げるようになることは、いいことずくめなのです。

 

 

P.S

 

実は子供を保育園にあずけてパートの仕事をしても、大半は保育園代に消えるそうです。

 

実は、家計の足しというよりは、少しでも自分が自由に使えるお金が欲しい、少しでも稼いでいることで旦那への罪悪感がなくなる、

 

という理由でわざわざ子供を預けて働きに出る人も少なくないのです。

 

一体何をやっているか分からないですね。

 

ネットビジネスが軌道に乗れば、自分のお小遣いどころか、旦那の月の給料を超える金額を稼ぐことが可能になります。

 

そうなると、一家の大黒柱であった旦那さんの精神的負担はかなり軽減されますよね?

 

一流企業でさえ、雇用の保証がない不安定な時代だからこそ、あなたがネットで稼いでいればいざという時の不安はなくなり、旦那さんは思い切った仕事をすることが可能になります。

 

あなたがアフィリエイトでお金を稼げるようになることは、いいことずくめなのです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

P.P.S

 

自分の罪悪感を打ち消すための小遣い稼ぎではなく、どうせなら自分も家族も幸せになる稼ぎ方をしてみてはどうでしょうか?

 

その手段であるアフィリエイトの詳細は以下の無料メール講座で説明しています。

 

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 

merumagagazou.png

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。