好きな事を仕事にするのは危険?本当の仕事の選び方

milky-way-1023340_1280-min

 

仕事で失敗や嫌なことが続いて仕事を辞めたいと思うような時、「好きな事を仕事にしたい」と思ったことないですか?

 

一言に「好きな事」といっても色々あるとは思うのですが、そのように考える人は恐らく、好きな事を仕事にすれば、毎日楽しいだろうし、仕事が苦にならない、と思っているからだと思います。

 

しかし私は、仕事選びの基準を「好きな事」にするというのは危険であり、賢明な考えではないと思っています。

 

 

好きの度合いが高い人は、専門学校やスクールなどに通い技術習得や資格の習得に励み、それを活かして実際の現場で働きますよね?

 

実は私自身も21歳の時に好きな事を見つけて、始めはバイトでその仕事をしながらスクールに通い、技術習得や資格取得に励んだ時期がありました。

 

なにかに打ち込むことはとても充実感がありましたし、周りの仲間と切磋琢磨しながら自己成長もでき、あの数年間は今考えても本当に密度の濃い時間でした。

 

その後脱サラするまで似たような業界に身をおくことになるのですが、「好きな事を仕事にする」というその信念が、結果的に自分を苦しめることになっていたのではないかと今では思えるのです。

 

 

理想の人生を生きられるかどうかは、仕事の選び方で決まる

多くの人は、好きな事を仕事にすることが、理想の人生を送ることと思いがちですが、実はそうではありません。

 

例えば、美容師になりたくて専門学校に行く人は多いですが、シャンプーやカット、カラーやパーマなどの基礎的な事を学んだあとは、どこかの美容室に就職し、現場でインターンとして働きながら資格取得を目指します。

 

しかし、当たり前の事なのですが、現場はシャンプーやカットなどの技術を提供する事でお客さんからお金を貰うわけですが、シャンプーやカットだけが仕事ではなくお客さんを飽きさせないようにコミュニケーションを図ったり、

 

オプションのヘッドマッサージを勧めることをノルマにされたりと、それ以外にしなければならない仕事が沢山あります。

 

また美容師は常に技術の向上や流行の取入れなどを研究するために、仕事の後も夜遅くまで練習していて、1日のほとんどの時間を店の中で過ごしていますし、休みも週休2日貰えることなどほとんどありません。

 

美容師を目指す多くの人は、理想と現実のギャップでこのインターン中に諦めてしまうそうですが、たとえ頑張って続けてその美容室で10年以上働いたとしても、多少給料が上がる程度で生活のスタイルはほとんど変わらないと思います。

 

ほかにも、調理、ファッション、美容系、花など、何でも同じだと思いますが好きな事を優先して選ぶ仕事は、時間や給料などの労働条件も良くない事から、よほどの志がなければ理想と現実のギャップに悩まされることになります。

 

 

その仕事の延長線上に理想の働き方や生活がなければ、その選択は間違っている

好きな事を仕事にするという信念が、結果的に自分を苦しめることになるのは、その仕事が自分の理想の働き方や理想の暮らしに繋がっているかどうかの判断ができていなかった場合に起こります。

 

ずっと憧れていたはずの仕事ができる会社に入ったと思ったら、色々な事が違った。
なんてことはよく聞く話です。

 

しかし日本の教育は社会の労働力を強化するため、企業に就職し労働の道に進むよう誘導されますので、個人の理想の人生や理想の暮らしなどは意識する習慣が身に付いていません。

 

なので仕事に就くことが目標になり、その先の未来まではあまり意識していないことが多いのです。

 

しかし、いくら好きな仕事に就けたからって、拘束時間は長く休みも少ない上に給料も少ないとなると元も子もないですよね。

 

しかも、要領よくお金を稼ぐ事より、汗水たらす事や我慢や自己成長に仕事のやりがいを感じるような教育を無意識に受けているので、「好きな事を仕事にしているのだから苦労はあって当然」みたいな風潮もあります。

 

 

それで仕事を辞めることになれば、それが自分に自信を失うことにも繋がりますし、「好きな事を仕事にする」という信念を持ち続けていたら、他に好きな事ややりたい事が見つからないからと、我慢して働く事にもなりかねないのです。

 

 

理想の働き方や理想の生活が現実になる仕事選びをする

最近は、親や知人が会社員として不自由な暮らしをしているのを目の当たりにした学生の頃から、就職したくないという思いでネットビジネスに参入したり、

 

就職した直後に会社員としての生き方に不安を覚えてネットビジネスを始める若者が増えているように思います。

 

私が新卒だった20年前には考えられないような現象なのですが、それだけの情報が社会にすら出ていない世代でも簡単に手に入り、それを実行できるのが今の時代だという事です。

 

しかし、彼らは不自由な会社員生活ではなく、自分の力でお金を稼ぎ理想の暮らしを得ることを優先したに過ぎませんよね。

 

好きな事を優先させた場合、その選択を間違えるとそれを選んでしまった時点で、不自由な暮らしが確定になるのです。

 

しかし、好きな事が「お金を稼ぐ事」であれば、給料の高さで仕事を選べばよいので、普通に生活する分にはお金に苦労をすることはあまりないかもしれません。

 

ただ、日本の教育からするとその場合は大抵、一流企業に勤めるという選択をしがちですが、みんながみんなそのような大企業に就職できるわけではありませんし、頑張って就職できたとしても、確実に自由は奪われます。

 

それにいくら大企業でも、会社員である以上お金を稼ぐ事には限界がありますよね。

 

 

会社のために一生懸命働いて毎月安定した収入を得ること自体が好きだと思えるなら、それはそれでよいとは思うのです。
しかし、わざわざ好きな事を仕事にしたにもかかわらず、気付いたら拘束時間は長く時間も休みも不規則な上に、安月給でこき使われていたとなると、虚しくなりませんか?

 

頑張っていればいつか報われる、会社が守ってくれるということはまずないです。

 

いくら頑張っても会社はあなたの人生の面倒までは見てくれませんからね。

 

 

だから、もし「仕事選びを間違えたかも・・・」と感じたなら直ぐに軌道修正をするべき時なのではないかと思うのです。

 

今までかけてきた経費や労力を考えると、なかなか決断できないかもしれませんが、そう思ったときに決断できるかできないかが、あなたのその後の人生を大きく変える事になります。

 

まずは、今のあなたが思う理想の働き方や理想の生き方を、改めて考えなおしてみると良いと思います。

 

 

イメージできたらそれが可能な仕事はなにかを徹底的にリサーチしよう

今のあなたが思う理想の働き方や生き方がなんとなく明確になってきたら、次に必ずやって欲しいことがあります。

 

それは、あなたが思う理想の働き方や生き方が可能になる仕事は何なのか?を徹底的にリサーチする事です。

 

どんな仕事がしたいか?ではなく、自分の理想の働き方や生き方の視点で仕事選びをするようにすれば、今まで興味がなかった分野にも目がいくようになり選択肢が広がります。

 

ちなみに、先ほども少し書きましたが、最近は理想の生き方を追求し、ネットビジネスを始める人が増えています。

 

ネットビジネスは初期費用がほとんどかからずパソコン1台あれば出来るので、今の仕事を辞めずに副業で始めやすいというのも理由のひとつのようです。

 

 

先にお金と時間を手に入れて好きな事に没頭するという手段もある

初期費用が安く、副業として始めやすいネットビジネスですが、実は本気で取り組めば月にサラリーマンの月収を超える収入を得られるので、そうなった時には会社を辞めて本業にしてしまう人も少なくないのです。

 

ただし、ネットビジネスにも色々種類があり、実はここでも選択を間違えてしまうと労働に追われる日々から抜け出すことが出来なくなります。

 

収入は今よりは良くなっているでしょうが、自由な暮らしとは無縁なままでは意味がないですよね?

 

しかし、正しい手段を選択することで、今は想像もできないような自由で優雅な暮らしができる可能性もあるのです。

 

正しい手段を選び、ネットビジネスで自由なお金と時間を手に入れたら、好きな事だけに没頭する生き方をするというのもありです。

 

 

P.S

 

もし副業やネットビジネスに興味があれば、正しい選択肢についても以下で紹介していますので、参考にされてくださいね。

 

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

merumagagazou.png

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。