このエントリーをはてなブックマークに追加 

自由になるために資格なんて必要ない

leaves-15757_1280-min

 

私はこのブロブで『会社員は永遠に自由になれない』というような内容の記事をたくさん書いています。

 

 

18歳から60歳手前まで、会社に身をささげてきた自由とは無縁なサラリーマンの鑑のような生き方をしてきた私の父が読んだら、きっと憤慨するであろう内容です。

 

 

しかし、父がサラリーマンで働き盛りの30代や40代の頃はバブル絶頂期。

 

一流企業の営業職ま万った父は、頑張れば頑張っただけ給料も上がったでしょうし、子供3人で家族5人、普通に暮らして来れましたから小学生なりにうちは貧乏な家ではないという認識がありました。

 

 

この時代、『男は外で働き女は家を守る』のが常識でしたから、家の事は全て母に任せて日が昇る前の早朝から日が変わる深夜まで、会社第一優先で働いていました。

 

 

頑張っただけ評価してもらえて生活も楽になる時代ですから、全く自由がないそんな毎日でもあまり不満や疑問を持つことなく働いてこれたのかもしれません。

 

 

しかし時代は大きく変わりましたよね。

 

 

いい会社に入るための資格取得は時間の無駄

もちろん、バブルがはじけて不況のあおりは受けたでしょうが、父は運よく自分が納得できるまでサラリーマンを全うし、70歳後半になった今でも高度成長期時代を支えた恩恵は受けているようです。

 

 

それもあって、両親は40代になった私に、いまだに福利厚生の整った会社に転職できるようなスキルを身に付けろと、いわゆる資格を取るように口うるさく言ってきます。
(両親には私が仕事をやめてアフィリエイトをしている事は話していません)

 

 

両親はそれが私にできる一番の選択肢だと信じていますが、果たしてそうでしょうか?

 

 

確かに、私がまだ学生などで将来なりたい職業があり、そのために専門的なスキルを身に付けたいと思ったときに必要な資格があれば、それを取得することを目指すのは大いにありだとは思います。

 

 

本気でやりたいなにかがあるなら、若いうちにどんどんチャレンジするべきですし、もし失敗しても取り返しはいくらでもきく年代です。

 

 

しかし私はもう40代のおばちゃんです。

 

20年も会社員をしてきて、会社員として生きる体力も気力も、自信も失ったただのおばちゃんです。

 

 

いまさら、会社員として定年をまっとうするために、わざわざ好きでもない事を勉強する気など1ミリもありません。

 

 

しかも、資格というのは長い実践期間があって初めて生かされるものです。

 

それに、取得したからといってそれが直接大きな収入に繋がることはありませんよね。

 

 

長く会社員をしている人ならお分かりでしょうが、資格を持っていても使えない人材ほど厄介なものはありません。

 

資格は所得した後にどう経験を積んでいくかでその後の将来は大きく変わります。

 

 

資格だけ持っていてもなんの役にも立たないですし、給料アップなんてたかが数万円の世界です。

 

 

40代が今から数年かけて難しい資格をもし取得できたとしても、それが活かせる会社に就職できるかどうかはわかりませんし、それこそギャンブルみたいなものです。

 

 

それに、間違って入社できたとしてもそこから経験を積み即戦力として生かせるようになるころには、もう定年間近です。

 

 

しかも、その間ずっと会社員として不自由な暮らしを強いられるわけです。

 

 

私はなににも縛られずに自由に生きることを心から望んでいます。

 

 

両親がなぜ私にそんなことを押し付けてくるのかは本当に理解に苦しみましたが、それはただ私の両親がそれ以外の選択肢を知らないというだけの事なのだと今なら分かります。

 

 

資格所得より自由になれる手段を追求するべき

ただ、若くてやり直しがきくからその考え方を受け入れてよいかというと、そんなことはりません。

 

将来どうしてもやってみたいことやなりたい仕事に資格が必要なら、後々後悔しないためにもそれは大いにチャレンジしてみるべきですが、資格を取る目的が、

 

「将来安定した会社に入るため」とか
「この資格を持っていたほうが、就職活動しやすいから」

 

などということであれば、それは時間の無駄でしかないのでやめておいた方がいいです。

 

 

良い会社に入ることが目的で資格を取得しても、あなたがその会社で一生安泰に生きていけるかどうかは分かりませんし、今の時代は一つの会社を全うする生き方の方が珍しいのです。

 

 

そもそも、あなた自身が会社員に向いているかも分かりませんよね?

 

入社して3か月もたない人も多いと聞きますし、企業側もそれを見越して多めに人を集めているのです。

 

 

一方、両親や親戚の不自由な生き方を見て育ち、大学生のうちから自分がどのように生きたいかを真剣に考えて、『就職しない生き方』を選ぶ若者も増えているといいます。

 

 

そのような若者は、自由に生きることを目的にし、そのために必要な事をしています。

 

 

ここでいう必要な事とは、
【会社や組織に依存せ自分の力でお金を稼ぐ能力を身に付けること】です。

 

 

そして、まだ一度も社会に出たことのない学生でもそれが可能になったのは、インターネットの発達があるからですね。

 

 

ネットの世界は本気で取り組めば資格や経験、年齢など一切関係なく、誰でもお金を稼ぐことが可能な世界です。

 

 

そもそも、少しでもいい会社に入るとか、たった数万円の昇給を目的に、大事な時間と労力を費やし資格取得を目指すという事は、少しでも収入を増やして楽に暮らしたいからなのではないかと思うのです。

 

 

それなら、もっと収入に直結したスキルを身に付けることに、時間や労力を費やそうと考える方が、ずっと健全で効率も良いのではないかと思います。

 

 

それに、会社や組織の監視も拘束も、面倒な人間関係も一切無縁ですので、パソコンとネット環境があれば、自宅のリビングで誰にも知られることなく今日からでも始められるのです。

 

 

 

P.S

 

実は私は学生の頃から今まで、、やりたいことや好きな事、そごとに活かせることを目的に、資格取得にがむしゃらに励んでいた時期があります。

 

 

資格マニアという事ではなく、やりたい仕事のためや技術向上のための資格です。

 

 

そういったことに励んでいるときは本当にやりがいがありますし、夢に向かっている感じでとても充実感があります。

 

 

なにより、そんな風に頑張っている自分が好きでしたね。

 

 

資格に関係した仕事はしていましたが、でもよく考えるとその資格はあってもなくても、良かったです。

 

 

資格は、資格取得を目指す前向きな人とか、頑張り屋な人、みたいことを相手に認識してもらうための材料です。

 

 

たしかに根性は身に付きましたから、その点では会社員として生きるには少しは役に立ったのかもしれません。

 

 

もしあなたが、その資格がなければできないような職種があってのことなら、どうぞその資格取得のために頑張ってください。

 

 

でも、そうでなくて、単なるスキルアップや昇給や転職が目的であれば、あなたの大切な時間を労力が無駄なる可能性がありますから、もっと効率よく人生を豊かにする手段があることに目を向けてみてもいいかもしれません。

 

 

 

自分の力で稼ぐスキルが10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

メルマガLP

自分の力で稼ぐスキルが10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。