びっくり!銀行から低金利で100万円を借りられてしまった方法

buta80_m-min

 

※この記事は、地方銀行の学資ローンを利用して100万円を借入したときの実体験です。
ただ、あくまで体験記というスタンスで記事にしておりますので、お金の借り入れ方法として推奨するものではありませんので、そのあたりはご周知くださいね。

 

 

ネイリストで独立目指したときのこと

ちょうど1年と数か月くらい前のことですが、アフィリエイトビジネスに出会う前、自宅で出来るなにかで独立したいと考えていた私は、当時ネイリストとして独立する道を模索していた時期がありました。

 

 

ちなみになぜネイリストかというと、私はもともと絵をかいたり物を作るのが好きで美術科も卒業しているので、美術的センスが活かせることが好きだという点と、その気になれば自宅で開業が可能であるという点から『ネイリストで独立』という選択肢が生まれたわけですね。

 

 

実際には、その選択は1馬力で体力勝負の労働でしかないということに気付いたため、あとでネイルストになることはやめましたが、ネイリストになるための方法を色々調べている段階で100万円を低金利でかりられてしまったということなのです。

 

 

話を戻しますね。

 

 

ネイリストになるためにはどうやら段階を踏んで資格を取得しながら、ネイルサロンで実践を学んでいくというのが通常の流れのようでした。

 

 

資格にも色々あって、ネイリスト3〜1級、ジェルネイル3〜1級、スカルプ(爪を長く作る技術)、ネイルサロン衛生管理士、ネイリスト認定講師・・・

 

 

もちろん全てが必要なわけではないですが、ネイリストとして独立を目指すなら、最低でもネイリスト1級とジェルネイル1級、スカルプは目指す必要があるとわかりました。

 

 

私は会社員をしながら資格を取得するつもりでしたが、その方法としては独学か、専門のスクールで講師に教えてもらうかどちらかですが、当然専門のスクールに通うことを考えていましたので、自宅から通えるネイリスト養成スクールの資料を取り寄せまくり、見学に行き、講師に質問をしまくるなどしてスクール選びを検討しました。

 

 

ネイルスクールにはお金がかかる

スクールの授業料はやはりそれなりでして、授業料とは別に道具や材料費なども含まれるので、全ての資格を取得するための授業を受けるには、平均して100万円近くかかることが分かりました。

 

 

まあ、全ての資格を取得するには2〜3年くらいの期間が必要なのでそう考えれば高くない金額のようにも思えますが、資格取得を考える人の中には私のような社会人もいれば、主婦や学生さんもいますので、支払い方法の提案も様々あるわけです。

 

 

・まずは様子見で3級取得だけ申し込む
・カード払いで後から分割にする
・頭金を払い、2か月目から月々2万円程度を月謝で支払う
・もしくは一括払い(これが一番安い)

 

などなど。

 

 

しかしその中にはない、地方銀行の学資ローンの利用について提案するスクールがあったんです。

 

 

始めての学資ローン利用

そもそも独身で独り暮らしの普通の会社員であった私にとって、銀行からお金を借入するという機会がないですし、いわゆる未知の世界といった感じでしたが詳しく聞いてみる事にしました。

 

 

学資ローンときけば、学生や子供の学費のために低金利で借りられるローンといったイメージですが、年齢が20歳以上69歳以下で、アルバイトやパートでも安定した収入があれば、今回のような専門スクールに自分が通うための学費分としても、申し込みができるそうなのです。(より詳しい情報は各地域の地方銀行のホームページなどで確認可能です。)

 

 

ただ、通常なら申し込みの際には、以下の書類が必要になります。

 

 

・支払い先のスクールのパンフレット入学案内
・請求書や領収書などの確定した金額が分かる書類
・合格通知書や在学証明者、学生証など
 (そのほか住民票などは割愛します)

 

 

ところが、このネイルスクールでは「見積書」で申請が通るというのです。

 

 

通常なら「見積書」は正式契約の前の段階で出されるもので、金額が変わることの方が多いですし、そもそも契約するかどうかも分からない段階のはずですよね。

 

 

でも、実際に契約するかどうかも分からない段階の私に、そのスクールの主宰者は親切にも一番高いコースである98万円の請求書を出してくれたのです。

 

 

私はそのスクールのパンフレットも持っていましたから、本当に通るのかと思い試しに100万円の学資ローンをWeb(スマホ)で申請してみました。
(この銀行の場合は講座を持っていたのでスマホで申請できました)

 

 

そしたら、普通に100万円借りれてしまったんですね。

 

 

しかも年利2.6%です(安)

 

 

しかも、返済のスタート時期は自分で決められます。
(半年後〜、1年後〜など)

 

 

しかも、結局そのスクールには通っていません・・・(苦笑)

 

 

こういったスクールの場合、通常ならクレジットカードでの支払いを提案されることが多いと思われるのですが、その場合は15%未満の利息がつきますから、あとで分割にしたところで合計の支払額がかなり高くなってしまうのですね。

 

 

その点、学資ローンは毎月の支払い額が一定で最小限まで抑えられるので、家計にはとても優しいのです。

 

 

 

P.S

 

現在、ネイリストという職業は一定の技術を持っている人にとってはとても需要がある業界のようですね。

 

 

東京などではすでに価格競争が始まっていて、顧客獲得に苦戦するサロンもあると聞きますが、私の住む福岡のような地方ではサロンによってはなかなか予約が取れない状況のようです。

 

 

私の知人のネイリストは昨年オープンしたサロンが大繁盛で、1年もたたないうちに2号店を出店させていました。

 

 

ただ、主に女性がおしゃれを楽しむためのものですからきらびやかに見えるようで、実はネイリストは地味で大変な職業のようですね。

 

 

実は私自身は、爪の手入れは自分でするのでネイルサロンには行きませんが、ネイリストになろうと考えた時には、チェーン店や自宅サロンなど、何度か利用してみました。

 

 

お客様の手足に触れながら爪の上に絵を描く細かい作業をするわけですから、かなり神経を使いますし、長くしていると目の疲れや肩こりにも悩まされるそうです。

 

 

自宅で開業しない限りはどこかのサロンに入ることになるので、そのサロンのルールや時間に縛られながら、神経と体力のいる仕事をこなすことになるわけです。

 

 

それでももらえるお給料は、トップネイリストの場合でも30万程度です。

 

 

ただ、自宅でネイルサロンを開業する場合は頑張った分だけ全てが自分の給料になるわけですが、基本は1人ですから稼ごうとすればするほど労働が増えてしまいますね。

 

 

きっと日中は休む間もなく働くことになるでしょう。(それだけ予約が入ればですが)

 

 

私の場合、今からネイリストで独立を目指したとしても、求める理想の暮らしをすることは出来ないということが分かったんですね。

 

 

どうせ一念発起で、2年も3年もかけて何かを目指すほどの思いがあるのなら、ネットを活用したビジネスを始める方が、何倍もやる価値があるし自由にもなれるとその後知りました。

 

 

ネットビジネスにも色々ありますが、ようは、パソコン1台とネットの環境さえあれば、いつでもどこでも着手できるわけです。

 

 

そして、やればやるほど自由へと近づいていくビジネス。

 

 

その手法については以下で詳しく書いています。

 

 

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座
今なら、願望を明確にし、自由へ導く書籍(電子辞書)が無料で読めます。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

merumagagazou.png

自分の力で稼ぐ知識が10日で身に付く無料メール講座

下記からお申込みできます。

苗字

メールアドレス

 

 

 

 

※ご入力いただいたアドレスは厳重な管理のもと、外部への公開、売却等は一切いたしませんのでどうぞご安心ください。講座はいつでも解除可能です。